新型コロナウィルス感染拡大に対する常総生協の対応について 2021年1月15日更新

▽2021/1/15掲載文書

組合員の皆様へ 新型コロナウィルス感染拡大に伴い

\常総生協職員から協力の願い/

 埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県を対象に、緊急事態宣言が出されました。

 対象都府県では、新規感染報告が過去最多を記録し続け、医療体制がひっ迫しています。茨城県では急速な感染拡大を踏まえ、県内全域において不要不急の外出自粛が要請されています。(2021/1/20まで)

 組合員・生産者・職員・関係者の感染リスクの軽減と安全の確保に努め、状況に応じた対策を実施し、食料品・生活必需品を供給する組合員のライフラインとしての役割を果たせるよう、事業継続に努めます。

 その役割を全うするためにも職員の健康管理が非常に重要になってきます。そこで、以下2点の組合員さんの協力とご理解をお願い致します。

①供給中は非対面配送の協力をお願いします。

②電話対応時間の短縮をさせて頂きます。※職員同士の接触を極力減らすため

  • 従来
    • 代表電話 7:30~18:30
    • 組合員専用ダイヤル 18:30~20:00
    • 留守電サービス 20:00~翌朝7:30
  • 1/18から短縮時間とさせて頂きます
    • 代表電話 7:30~18:00
    • 組合員専用ダイヤル 18:00~18:30
    • 留守電サービス 18:30~翌朝7:30

上記を行う上で、供給中の注文用紙提出、ネット注文で早めに入れておくなどのご協力をお願い致します。職員の業務もスムーズに行い、業務時間の短縮を行い、事務所滞在時間も減らしていきたいと思います。

ご不便をおかけする場合もあると思いますが、何卒ご協力・ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。


基本方針

  • 組合員・生産者・職員・関係者の感染リスクの軽減と安全の確保に努め、一丸となって対応を進めます。
  • 状況に応じた対策を実施し、食料品・生活必需品を供給する組合員のライフラインとしての役割を果たせるよう、事業継続に努めます。

新型コロナウィルス感染拡大防止の行動指針 ※2021/1/6UP

対策レベルの判断は国内および茨城県内ならびに常総生協内の状況を総合的に勘案して、緊急対策会議にて決定します。

現在の対応状況

  • 職務中(内勤・外勤)のマスク着用と外勤者(供給・営業)は消毒スプレーを携帯します。
  • 電車通勤の職員にはなるべく自家用車通勤or車両の貸出を行い、感染を防ぐようにしていきます。
  • 緊急重要度が高い事項以外の出張は避けるようにし、WEB会議でできるものに関してはWEB会議にしていきます。
  • 通常の購入ルートでは、消毒液の購入が困難と思われる為、必要に応じ、各職員・団体に協力要請を行い確保に努めていきます。
  • セットセンター、供給作業時のマスク着用と手袋の使用をしていきます。
  • 事務所内の換気、PC・ドアノブ、車両等感染しやすい箇所の定期的な除菌作業。
  • 可能なセクションの所でのテレワーク、時差出勤対応をしていきます。
  • 3月2日より、組合員のみなさまと常総生協職員・関係者の健康に留意し、直接的な対人接触を避ける「非対面配送」を行っていきます。詳しくはコチラをご覧ください。

新型コロナウィルス関連についてのこれまでのお知らせ(2020年11月更新)