食の見直し

食の見直し

旬のもので、しっかり作られた野菜は栄養がたくさんつまっています。

例えば、今が旬のトマト。

常総生協のトマトは、青いうちに収穫して流通過程で「赤くする」のではなく、樹上で「赤くなった」トマトをお届けします。

樹上で完熟したトマトは、数値の上でも栄養価が違うことが分かります。

柏田中の完熟トマト
柏田中の完熟トマト

柏田中の完熟トマト

リコピン
リコピングラフ

リコピンはトマトの赤い色素のことです。抗酸化作用が強く、がん予防にも良いといわれています。真っ赤なトマトほど多く含まれるということが分かっていますが、一般的なトマトはスーパーでの棚もちをよくするためにまだ青いうちに収穫しているため比較的少ないようです。樹上で赤くする常総生協のトマトは、概してリコピン含有量が多くなっています。

ビタミンC
ビタミンCグラフ

ビタミンCは、収穫したところから時間の経過とともに減っていく栄養素です。すなわち、遠方から持ってくるとビタミンCはどんどん減ってしまうのです。ビタミンCが多いということは、収穫してから時間のたっていない新鮮なものであるという証拠です。

カルシウム
カルシウムグラフ

カルシウムはトマトにとって必須栄養素の一つです。カルシウムが不足すると尻ぐされ症といった生理障害を起こしてしまいます。そのため、トマトはカルシウムを積極的に土壌から吸収します。このカルシウムが今回一般のものより多かったということは、それだけ健康なトマトであるということがいえます。

試験依頼先 一般財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成25年6月11日
試験成績書発行番号 第13053212001-01号、第13053212002-01号

コンテンツ終わり

このページのトップへ