「原発事故子ども被災者支援法」の基本方針に
みんなでパブリック・コメントを出しましょう!

「原発事故子ども被災者支援法」の基本方針が復興庁より発表されました

原発事故で被ばくした被災者、こども達を救う要となる法律、「原発事故子ども被災者支援法」の基本方針が復興庁より発表されました。  

昨年来、私たちは「放射能から子どもを守ろう関東ネット」のみなさんと共に復興庁に「法律で定められている公衆被ばく線量年間1ミリシーベルト以上の地域を支援対象地域に指定し、子どもたちの健康診断をはじめとする保健医療体制を整えてほしい」と7回に渡って申し入れをしてきました。

しかし、発表された「支援法基本方針」は、支援対象地域を福島県内の被ばく線量20 ミリシーベルト以上の33 市町村のみに限定し、ホットスポットとなった私たち茨城・千葉の地域も対象外とされました。支援内容もこれまでやってきた施策を羅列したにすぎない内容でした。そして国民の意見を聞くパブリックコメントの期間はわずか2週間です。

みんなで「基本方針の見直し」を求めるパブリックコメントにご協力をお願いします!

意見提出方法

意見提出はメール、FAX、郵送で提出をお願いします。

募集期間 9 月13 日(金) まで(郵送の場合必着)

(電子メールの場合) メールアドレス: g.fukko@cas. go.jp 復興庁 法制班 宛

(FAXの場合) FAX番号: 03-5545-0525 復興庁 法制班 宛

(郵送の場合) 宛先: 〒107-0052 東京都港区赤坂 1-9-13 三会堂ビル6 階 復興庁 法制班 宛

用紙について

PDF形式の用紙がございますので、印刷してご使用ください。

パブリックコメント用紙 (699kb)

コンテンツ終わり

このページのトップへ